レンタルサービスRENTAL SERVICE

休日を活用したコスト削減

生産の少ない休日を活用した
コンプレッサのコスト削減

土日等の休日は工場の生産量が減少し、エアの使用量も減ります。
しかし、設備されているコンプレッサは平日と同じエア量で選定されているため、休日に無駄に大きなコンプレッサを動かしている工場が多くあるのが現状です。

エア使用量の少ない休日は不要な電気使用量を削減

吸込絞り弁式の大容量コンプレッサは、吐出量がほとんどなくても最大負荷の7割の電気を消費します。
したがって、エア使用量の少ない休日は、無駄な電気を使っていることになります。
休日は大容量コンプレッサを停止し、使用量に見合ったサイズコンプレッサをレンタルすることでコスト削減が可能です。

※ 平日の緊急バックアップ機としてもご使用になれます。
※ 休日のみのご使用の場合も、設置の手間と回送費を削減するため常設していただきます。
※ 貸出期間は1カ月単位となります。

エア使用量の少ない休日は不要な電気使用量を削減

生産状況に合わせた機種選定・変更が簡単に行えます。
柔軟性のあるコンプレッサの運用で、CO2排出削減とコスト削減を両立!

  • オイルフリーコンプレッサ

    オイルフリーコンプレッサ

    故障時の代替機をレンタルで確保!

    一般的にレンタルできる機種はエンジンコンプレッサや給油式コンプレッサが多く、オイルフリー仕様のコンプレッサは取り扱いがないケースがほとんどです。

  • コンプレッサの最適化

    コンプレッサの最適化

    コスト削減とCO2削減を両立

    生産工場の電気使用量の中でも、コンプレッサの電力は大きな割合を占めます。レンタルだからできる柔軟な調達が、コスト削減とCO2削減を実現します。

ラインナップ

オイルフリースクロールコンプレッサ(圧力開閉器制御)

オイルフリースクロールコンプレッサ(圧力開閉器制御)
SLP-110EFDM5
出力(kW) 11
吐出空気量(㎥/min) 1.26
圧力(MPa) 0.65~0.8
潤滑方式 オイルフリー
備考 空気タンク必要
SLP-110EFDM6
出力(kW) 11
吐出空気量(㎥/min) 1.26
圧力(MPa) 0.65~0.8
潤滑方式 オイルフリー
備考 空気タンク必要
SLP-150EFDM5
出力(kW) 15
吐出空気量(㎥/min) 1.68
圧力(MPa) 0.65~0.8
潤滑方式 オイルフリー
備考 空気タンク必要
SLP-150EFDM6
出力(kW) 15
吐出空気量(㎥/min) 1.68
圧力(MPa) 0.65~0.8
潤滑方式 オイルフリー
備考 空気タンク必要
SLP-220EFDM5
出力(kW) 22
吐出空気量(㎥/min) 2.7
圧力(MPa) 0.65~0.8
潤滑方式 オイルフリー
備考 空気タンク必要
SLP-220EFDM6
出力(kW) 22
吐出空気量(㎥/min) 3.6
圧力(MPa) 0.65~0.8
潤滑方式 オイルフリー
備考 空気タンク必要

スクリューコンプレッサ(インバータ制御)

スクリューコンプレッサ(インバータ制御)
LRV-150D
出力(kW) 15
吐出空気量(㎥/min) 2.6
圧力(MPa) 0.7
潤滑方式 オイルインジェクション
備考 空気タンク必要
LRV-220D
出力(kW) 22
吐出空気量(㎥/min) 3.7
圧力(MPa) 0.7
潤滑方式 オイルインジェクション
備考 空気タンク必要
LRV-370D
出力(kW) 37
吐出空気量(㎥/min) 6.7
圧力(MPa) 0.7
潤滑方式 オイルインジェクション
備考 空気タンク必要

オイルフリークローコンプレッサ(インバータ制御)

オイルフリークローコンプレッサ(インバータ制御)
FRV-220
出力(kW) 22
吐出空気量(㎥/min) 3.7
圧力(MPa) 0.7
潤滑方式 オイルフリー
備考 空気タンク必要
FRV-370
出力(kW) 37
吐出空気量(㎥/min) 5.6
圧力(MPa) 0.7
潤滑方式 オイルフリー
備考 空気タンク必要

※空気タンク、エアドライヤ必要な場合は別途ご用命ください。

レンタル見積のご用命はこちら
ページ先頭へ