ソリューションSOLUTION

コンプレッサご提案事例

飲料製造工程へのご提案

こんな課題があります

飲料のボトリングとバブリング

ボトリング工程とは?

完成した飲料を様々な容器(ボトル)に充填する工程です。鮮度を保つ為に、容器内ヘッドスペース(飲料上部の空間部分)に窒素などの不活性ガスを同時に封入することがあります。

バブリング工程とは?

タンクに貯蔵された飲料に対し、窒素などの不活性ガスを接触させて鮮度を保たせる工程です。

バブリングやボトリングの際には、鮮度保持の為に酸化防止策として、窒素ガスのような不活性ガスを充填するケースがあります。圧縮エアから窒素ガスへの切替、又は窒素ガスのコスト低減が課題になります。

このような解決策があります

飲料のボトリングとバブリング

窒素ガスの供給方法には、
①タンクローリーでの供給
②液体窒素+気化器による供給
③気体窒素ボンベによる供給
があります。
特に②、③の供給方法では、コストメリットを期待できるケースが多いと言われています。

1.窒素ガスの純度
2.窒素ガスの使用圧力
3.単位時間あたりの使用量
4.既設窒素ガスのコスト

からシミュレーションできます!

窒素ガスを低コストで供給出来る【窒素ガス発生装置】がおすすめ!

窒素ガス発生装置

窒素ガス発生装置

原料費ゼロでボンベ交換も不要。窒素ガス料金と管理のテマを大幅削減

アネスト岩田の窒素ガス発生装置は、原料費ゼロの大気から窒素ガスをカンタンに抽出。
いままで大きな負担となっていた、窒素ガス使用金額を大幅に節約します。
面倒なボンベ交換も不要です。さらに、マイコン制御で人手にたよっていた管理のテマを大幅に削減します。

窒素ガス発生装置

PDF版のご提案を見る

ページ先頭へ